団塊の世代の皆様
転職をお考えの皆様


一般的な企業の定年退職年齢は60歳。それにもかかわらず、公的年金の支給開始年齢は段階的に65歳に引き上げられ、「空白の5年間」をどの様に穴埋めするかが定年退職後の大きな問題のひとつに挙げられています。

高年齢者雇用安定法が改正され、65歳までの雇用延長にある程度の道筋がつけられたとは言え、満足な収入、職場環境の確保に目処がつかず、将来に不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

そこで、赤帽事業の開業をお考えになってみてはいかがでしょうか?皆様がサラリーマン時代に構築した人脈や社会人として得てきた感性などを上手く活用できれば、個人事業主として赤帽で第二の人生を飛躍させることが期待できるのではないでしょうか。もちろん、気力と体力があれば、65歳を過ぎても仕事を引き続き行うことは可能です。

“独立して自分の力で自分の道を切り開きたい"

こうした強い意志を持って赤帽組合に加入された組合員さんは決して少なくありません。

このページをご覧になったことをきっかけに、赤帽組合への加入を今後の人生の選択肢のひとつに加えていただければ幸いです。各地で開催されている加入説明会に、是非一度お気軽にお越しください。


[1]戻る
[0]TOP
全国赤帽軽自動車
運送協同組合連合会


(C)Akabou