開業までの流れ|独立開業なら軽運送業で全国ブランドの赤帽へ|加入案内

赤帽(akabou)|開業までの流れ flow

独立開業に向けた組合への加入手順 〜開業までの流れ〜

※組合により、手続きの順序及び内容が一部異なる場合があります。

組合加入説明会

各組合で開催される「加入説明会」にご出席いただき、組織や業務内容、開業に必要な資金等、 開業までの基礎知識の説明を納得するまで聞いていただきます。
各組合の加入に関する詳細はこちら

組合加入申し込み

面接時に履歴書と所定の申込書を提出していただきます。
面接後、赤帽加入が決定した方は、書類作成指導料をお支払いただくとともに、 運輸支局へ提出する貨物軽自動車運送事業許可申請の為の資料及び諸書類の作成指導を行います。
開業までの一連の指導終了後、必要書類を揃えて組合に提出していただきます。
組合で提出していただいた書類を確認し、運輸支局に提出する申請書類を作成いたします。

運輸支局申請書類提出

運輸支局に出向き、申請書類を提出していただきます(組合職員が同行します)。
提出当日に聴聞があり、聴取終了後、貨物軽自動車運送事業営業許可(営業ナンバー)が交付されます。

組合加入手続き

貨物軽自動車運送事業営業許可(営業ナンバー)が交付された後、加入手数料等をお支払いいただきます。

研修会

営業開始までの間に運送事業に適応できるよう、開業後の事業知識等を修得していただきます。

車両契約

赤帽車購入契約を締結します。スバルの営業所の担当者から連絡がございます。

業務開始

赤帽車が納車された後は、いよいよ業務開始です。
開業後、組合からの傭車を希望する場合は、配車規定に基づき荷物の配車が受けられます。
開業当初は運送の基礎的な実技をこなし、徐々に個人事業主としてのスキルを習得していただきます。
軽貨物運送業を赤帽で起業されるかたの為の流れ
スマートフォン&モバイル
独立開業なら軽運送業で全国ブランドの赤帽へ |全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会
Copyright © 2014 Akabou All Rights Reserved.